FC2ブログ

花に虫はつきものとはいえ・・・。


この花の種を手にしたのは、3年前の正月のこと。新年会の余興のビンゴゲームの景品にもらった花の缶詰に、土と一緒に種が3粒ついていたのです。

正式な植物名は、スベリヒユ科ハゼラン属「ハゼラン」というのだそうですが、別名の「3時に咲く花」の方が覚えやすいし、親しみやすい。

夏の花だということですが、最初はもらった缶詰にそのまま種を1月の内に蒔いてしまったのでしたが、缶詰からプランターに移して、室内で育てたせいか2月の上旬には早くも開花しました。

そのプランターの土を社屋の玄関脇の生け垣に捨てたら、翌年その生け垣で大繁殖。今年もたくさん花をつけてくれたのでした。
9月も終わろうというのに、まだ花をつける株がありますから、春3月から秋彼岸過ぎまで楽しめる草木といえましょう。

その3時に咲く花に虫が付いているではありませんか!

3時に咲く花に虫がついた!


尺取虫のように身を折ったり伸ばしたりして、先端の花を探している。どうも花の花弁を食べているようです。よく目を凝らしたらすぐ隣の幹にももう一匹。

器用に隣の幹に移ろうとしている。


身を横に曲げて隣の幹に移ろうとしていますが、その幹には別の一匹がいるぞ!

おそらく蛾の幼虫だと思うのですが、いつの間にか卵を産み付けていったのでしょう。
しかし、その蛾はこの花が3時に咲く花だと知って産み付けていったのだろうか?

私が観察するところによっると、この花は3時半に花が開き、6時前には閉じてしまいます。
一日一回、食事の制限時間が2時間半ってこと知っていたら、他の草木に卵を産みつけたことだろうにとバカなことを思ったりしています。(笑!



◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)