FC2ブログ

毎年お馴染みとなった花が時間通りに咲きました


まずはこの画像、いつの世も草花の可憐な姿は人の心を和ませてくれるものです。

3時に咲く花(5時になって咲きました)


社屋の生垣に咲いたこの花は、「3時に咲く花」。なぜか午後陽が傾きだすようになると開花し、陽が沈むころには花を閉じてしまう。

昨日の5時少し前にまだ花を広げていたので、パチリ。

思えばこの花との出会いは、2007年の正月。新年会の余興の景品にもらった花の缶詰に、この花の種が5粒ほど入っていたのでした。

それが年ごとに増えていって、植える鉢がなくなったので、いつだったか鉢の土を生垣に捨てたところ、土の中に種が残っていたのでしょう、生垣で大繁殖。

毎年春先になると小さな芽を出すのですが、雑草と上手に見分けができないので、いつもむしりとられる運命。ところが草むしりの手から逃れる幸運な芽が必ずあって、この写真のように成長してしまえば、これは雑草ではないぞと素人目にも分かる。
その幸運な株が花をつけ結実し、あたり一面に種をまき散らし、翌年発芽成長しまた花を咲かせる。それを私が見つけ写真に撮るといった繰り返しが4年続いたわけです。

面白い名前のついた花だったので、ついついこんな実験もしてみたのでした。

本当に3時に花が咲くのだろうか?

日本のJRの運行のようなわけにはいきませんが、東南アジアや中南米の鉄道時刻よりよほど正確、大方3時過ぎには間違いなく咲きますね。(笑!

今年もこの株から種がまき散らされ、来年また私を楽しませてくれるに違いありません。



◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)