fc2ブログ

「重ね合わせ」と「もつれ」


量子コンピューターということばは承知していましたが・・・。

今のコンピューターとは計算の仕方が根本的に違う量子の概念を応用したコンピューターだということです。なんでも「量子の重ね合わせ」や「量子のもつれ」といった、量子に見られれる特徴的な性質を利用した計算方法だとか。

・・・ふ~む、何だかよくわかりませんね。

私も若い頃は家内と重ね合わさったり、もつれあったりしたことはありましたがね。(笑!


その「量子ビット」と呼ばれる計算単位を使うことで、膨大な情報をまとめて処理することが可能になり、計算の回数が大幅に削減できるため、計算時間が劇的に短くなるのだそうです。



近い将来そんな夢のような計算手法を人類は手に出来そうだということです。


記事によれば、このほど最先端のスパコンでおおよそ1万年かかる計算問題を、グーグルが開発中の量子コンピューターが3分20秒で解いたということです。

1万年 × 365日 × 24時間 × 60分 = 52憶5,600万分
3分20秒 = 3.33分

52憶5,600万 ÷ 3.33 = 1,578,378,300

実に15億7,800倍の早さということになります。数字が大きくて分かりづらいですね。仮に毎時60キロの速度の車と比較するとしたら、

60 × 1,578,378,300 = 94,702,698km/時 ≒ 9,470万km/時


今我われが使用できる最速のスパコンが時速60キロの車だとすれば、時速9,470万キロで走る乗り物ということになります。

国際宇宙ステーション(ISS)は地球の軌道上を時速27,600キロで回っているといういことですが、

9,470万 ÷ 27,600 = 3,433

国際宇宙ステーションの3,000倍以上の速さの乗り物ということになりますね。


さて、はたして人類は時速60キロの自動車からそんな速い乗り物に乗り換えて大丈夫なのでしょうか?

・・・視界が「重ね合わさって」、「もつれて」しまわないか?(爆笑!




◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル







コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)