FC2ブログ

「ソーシャル・レフューズ(拒絶)」


「ソーシャル・ディスタンス」ということばはもはや知らぬものはいないご時世となりました。一旦収束したかに見えた新型コロナウィルス感染者数も、また増加傾向にあり、もしかしてこれがかねてより言われていた「第2波」の予兆ということであれば、またまた「ロックダウン」などというようなことばを耳にするようなことになるのでしょうか。

「WITH コロナ」などということばが、当たり前のように使われ始めましたが、ローマ字とカタカナを混ぜたことばで表現するというのなら、誰しも「NO コロナ」と声を大に叫びたいところです。

さてその「ソーシャル・ディスタンス」ですが、一般にその距離は2mと認識されているようです。しかし、この度コロナウィルスは、2mをはるかに超える距離で空気感染する可能性があると研究者が警鐘を鳴らすにいたり、もはや「ディスタンス」などとは言っていられない。「ソーシャル・レフューズ(拒絶)」と言い換えなければならないのではないか。


・・・「個人の拒絶を認め受け入れる社会」って、我われは大変な時代に身を置くことになったものです。

いやはや「ソーシャル・レフューズ(社会的拒絶)」とは、味も素っ気もあったものではありません。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)