FC2ブログ

食わないから出ないのも当たり前・・・?


そもそもこの世に生きる生きものならば、文字通り生きなければなりませんから、活動のためのエネルギー源(食物)を摂らなければならない。ものを摂れば自然の摂理として、出るものは出さなければならいのも道理。

ところが5年間も餌を食べないまま生きていたという鳥羽水族館のダイオウグソクムシ、これはマスコミにも取り上げられ話題になりましたからご存知の方も多いでしょう。

そのダイオウグソクムシなら、ものを摂らないのですからから出るものも出ないというのは、素人にも至極もっとなことに思われます。

ウエブトピックスより、
ダイオウグソクムシ、2年ぶり「お通じ」いつ食べた分?


それにしても私は思うのです。この世に生を受けたものならば、「食べる」ことと「寝る」こと、そして「遺伝子を残そうとする」こと、この三つは生きる証そのものといえますから、この3つを満たすことはその生きものにとって喜びでもあるはずです。


人であるならば、よほどの事情がない限りまず一日たりともものを食べないことはないのは、皆さん経験なさっていますね。ただ出す方は人によって若干違いがみられるようで、3日・4日出ないと言って大騒ぎをすることもあるようです。

私はといえば、「食べる」ことの喜びはもちろんのこと、ほぼ毎日出す方の快感も味わっております。ついでに言わせていただきますと、「寝る」方も日々十分貪っていますし、「遺伝子」の方は(これは過去形になってしまうのが今となっては残念ではありますが)、人並みに残せているようです。(苦笑!

人の世界には「淡泊」ということばがありますが、この三つの生きものの証について考えるとき、ダイオウグソクムシほど「淡泊」な生きものはいないのではないか?

蓬莱山に住まうという仙人やかくのごときダイオウグソクムシであります。


ところでダイオウグソクムシって、「ダイオウ・グソク・ムシ」と区切って読むので正解ですよね。そうであれば、「大王」・「具足」・「虫」という漢字を当てはめたくなります。

まさか「ダイ・オウグソ・クムシ」ということはないでしょうね。ダイオウグソクムシの食性から考えても、「大(ダイ)・大糞(オオクソ)・クムシ」とは考えにくいでしょうから・・・。(爆笑!






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)