FC2ブログ

時代小説が好きPART167「隠密味見方同心」(8)・(9)


大掛かりな抜け荷絡みの事件を暴き大手柄をたてた南町の敏腕同心・月浦波之進(つきうらなみのしん)であったが、「この世のものとは思えないほど美味しい料理」という謎の言葉を残して、何者かに殺されてしまう。

その波之進の弟・魚之進に「兄の供養のために味見方同心を継げ」との命が、南町奉行・筒井和泉守より下った。

・・・味見方同心?町方にそんな役回の同心なんてあったっけ?


「美味の傍には悪が潜んでいる。食い物の裏に潜む悪事を暴いて、兄の無念をみごと晴らしてみよ」。

筒井和泉守の命に答えんと魚之進は味見方同心として、数々の食い物がらみの事件を一つ一つ解決していきながら、亡き兄の残した謎の言葉「この世のものとは思えないほど美味しい料理」を手掛かりに、岡っ引き麻次とともに兄の足取りをこまめに探索していくのであった。

・・・すると、兄が探索していた大掛かりな抜け荷の背景には、なんと徳川御三家・水戸藩の姿が見え隠れして来るではないか?




そんな大物が相手では、たかが御家人風情の町方同心では太刀打ち出来ようはずがないではないか。兄の仇は諦めるしかないのないのか。大川に身投げしたいほど落胆する魚之進であったが・・・。




最終章のブックカバーに書かれた挿絵をご覧ください。吉原の花魁の着物のすそをまくって腰巻の尻をツンツンと突いているのが魚之進と思われます。もう片方の手は、菓子台にのった大福もちをツンツン。はたしてどっちが柔らかいのやら。(笑!

見るからに切れ者で俊英な兄に比べると凡庸を絵に描いたような魚之進。そんな情けない風情の魚之進でも、かって兄に仕えた岡っ引き麻次や先輩同心の赤塚専十郎も、一つ一つ謎を丹念に解き明かしていく魚之進の探索の仕方を兄以上に高く評価しているのであった。

それは直属上司の与力・安西佐々衛門(さざえもん)を通じて奉行の筒井和泉守の知るところにもなっていた。筒井和泉守は魚之進に兄・波之進がなしえなかった大掛かりな抜け荷の真相解明を託したのであった。

魚之進の謎解きとは別に読者がどうしても気になる結末がもう一つ。兄亡き後も月浦家に残る美貌の兄嫁・お静。お静へのほのかな恋慕に気づき慌てふためく魚之進。

味見方では解くに解けない恋慕の情をいったい味見方同心・月浦魚之進は、どのように解決するのだろう。


さっそく笑いと涙の最終章を読み進めるとしましょう。






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)