FC2ブログ

ラーメンにトッピングされている海苔の食べ方


昨日食べたラーメン。
濃厚豚骨とろり煮卵ラーメン。税込み750円。



食券を購入してテーブルに着くと、店員さんがやって来て、「お好みはいかがされますか?」と聞いて来る。何のことかわからず答えられずにいると、「麺の硬さと背油の量をお客様のご希望で調節いたします」と言う。

なるほどそういうことかと、「では普通、普通で」。

出て来たラーメンを見ると、スープにはぎっとりと脂が浮いている。いかにも背油が効いているようで、それなら少な目にするんだったと思いながら、スープをすすると、これが意外にあっさりしていていくらでも飲める。

中太のちぢれ麵の硬さや丁度良し。名前にもなっている「とろり煮卵」も文字通り舌の上でとろりとまとわりつく。

大きなチャーシュー2枚は、味と大きさは申し分なくとも、ごくごく薄くスライスされているのが不満。(笑!

丼の縁にトッピングされているおおきな海苔は、一目香りも色つやも高級品とわかるものですが、ラーメンのトッピングに海苔というのはいかがなものかというのが、私のかねてからの主張。

ご飯ならちょいと醤油をつけて焼き海苔を巻くようにして食べるでしょ。でもラーメンはどうやって巻けばよい?食べるタイミングも難しく、あとまで残しておくとスープを吸ってべとべとになって丼の縁にこびりついて面倒。かといって、海苔だけで食べると、上あごに張り付いてなお面倒。

そこでチャーシューに煮卵のとろりとした黄身をまぶして海苔で巻いて食べてみた。すると、醤油味の滲みたチャーシューと卵の黄身の味と海苔の磯の香りが口中に広がって、そこへラーメンをずるずるとすするとこれが新発見の美味しさ。

ラーメンにトッピングされている海苔の食べ方、ようやく体得できました。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)