FC2ブログ

ナナコカード


昨日所用で北陸高速自動車道を利用して福井県は鯖江まで行ってきました。当地富山県高岡市からは片道2時間余りのドライブということになりますかね。

丁度お昼過ぎに、途中のサービスエリアに立ち寄って食べたラーメン(税込み650円)。



このサービスエリアの食堂では、客が券売機で食券を購入にするとその情報が厨房に自動的に連絡され、客は食券に書かれている呼び出し番号が呼ばれるのを待つだけという最新式の券売機を導入していた。

私もテーブル席について、ラーメンの出来上がるのを待っていたのでしたが・・・。その時、確かに私の名前がアナウンスされたような気がしたのです。

「〇〇〇〇(私のフルネーム)さま、・・・ですので、・・・お越しください」

「・・・はあ?」

どうして私がラーメンを注文したことがわかるのだろうと、頭が混乱しました。もしかしたら空耳だったのかもしれない。そう思い直していると、

「109番でお待ちの醤油ラーメンのお客さま」と言うので、手持ちの食券を見ると、確かに109番と書かれている。カウンターまで行くと、何ごともなかったようにラーメンを手渡された。

やはり空耳だったのだと、席に戻ってラーメンを一すすり二すすりしていると、今度は確かに「〇〇〇〇(私のフルネーム)さま、〇〇〇〇さまはいらっしゃいませんか」と、サービスエリアの係の人が私の名前を呼びながら近づいてくる。

・・・そんな馬鹿な。ボク、何も悪いことはしていないんですけど。(笑!


「あっ、私ですが・・・」

「ああ、良かった。お客さま、ナナコカードを落とされませんでしたか」


そこで初めて真相がわかりました。食券を購入する時財布に挟んであったカードを落としていたんですね。カードの裏に私の名前がサインしてあったので、私の名前が何度もコールされていたのでした。

お昼時で賑わう食堂、周りのお客さんたちのニヤニヤとした視線。

免許書を見せて本人確認をして、カードを受け取ったときの恥ずかしさといったら、全世界の目が私に集まったように感じられたくらいです。


ちなみにこのナナコカード。大手コンビニが導入した電子マネーをチャージしておける便利なカードですが、私は2度ばかりこれをコンビニのレジの認証台の上に置き忘れるという失態もしでかしております。(笑!

この時はさすがに名前は呼ばれませんでしたがね。よく利用する近所のお店でしたから、ちゃんと保管してありました。それからカードにはしっかり名前をサインすることにしたんです。

最近はレジの認証台が斜めに傾いた構造に変りましたから、ずっとカードを手で押さえておかなければならなくなった。

おそらく私のような利用客が多くいたということが推察されますが、さすがは業界ナンバーワンの大手コンビニだけのことはありますね。「フォア ザ カスタマー」、改めるべきところは「即カイゼン」ということなのでしょう。

・・・不注意、物忘れ、落とし物。「フォア マイセルフ」、私も改めるべきところは「即カイゼン」と言いたいところですが、歳はとりたくないものですね。・・・困難な諸事情がございまして。(失笑!






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)