FC2ブログ

鳴くはずもない動物の鳴き声


犬はワンワン、猫ならニャーニャー、馬ならヒヒーン。身近な動物の鳴き声なら知らぬ人はいませんね。ではタニシはどう鳴くかご存知か?

タニシって川に生息する巻貝のタニシです。私らが子どものころは、田んぼにもごろごろいましたね。そのタニシなんですが、タニシが鳴いたって話、未だかって聞いたことはありませんが。


「うたの動物記」(小池 光 著)より、俳句や短歌の世界では鳴くはずのない動物が鳴くという話題。




ではタニシはどう鳴くのか?

松山中学校教師時代、しきりに子規に句稿を送って批評を乞うていた漱石の句。

よく聞けば田螺(タニシ)鳴くなり鍋の中


永井荷風はこう詠んでいます。

しのび音も泥の中なる田螺哉


圧巻は北原白秋

かはづの啼くはころころ、田螺(タニシ)の啼くはころろよ
ころころ、ころろ、ころころ
萌え来(こ)よ、春の下(した)ん田(だ)

なんとタニシは、「ころろ」と鳴くのであった。


ちなみに「田螺鳴く」は春の季語。同じく「亀鳴く」も春の季語。「蚯蚓(ミミズ)鳴く」なら秋の季語。鳴かないものが鳴く三大季語なのだそうです。






◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ