fc2ブログ

「山の日」に思う。


今日は国民の祝日、「山の日」。

「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」という趣旨のもとに、2014年に制定された祝日ですが、そこには何といっても1995年に制定された「海の日」(7月第3月曜日)の存在が大きかったのではないかと想像します。こちらの方は「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」ということになっています。

私なんぞはつい想像をさらに豊かに膨らませてしまいます。海の恩恵や山の恩恵に感謝するばかりでなく、川の恩恵にも深く感謝するべきだろうと。

6月は祝日のない月だから、6月の第3月曜日を「川の日」としたらどうだろう。


もっとも、近年ではこの梅雨から夏の時期になると集中豪雨による河川の氾濫や山崩れなどの土砂災害が各地で発生し、多くの人命が失われるという事故が多発しています。

川はわれわれに豊かな恵みをもたらしてくれるのは間違いのないことですが、それは川をコントロールできていることが前提であることは言うまでないことです。さらにその前に我われは、山や海や川に代表される大きな自然に対して真摯に感謝しているのか考え直さなければならないかもしれませんね。ただ休日を増やせば済まされることではないようです。





◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル

かき氷


連日暑い日が続きます。日中できるだけ日の当たる場所への外出は控えましょう。こまめに水分の補給をしましょう。室内でもエアコンを使用し、室内温度を適切に保つよう心がけましょう。

今日ではお馴染みとなった感すらする熱中症対策ですね。

私は時の宰相がもはや戦後ではないと言い、この国が高度経済成長の坂をいっきに駆け上がろうとしていたころに小学校に通った世代ですが、あの頃は当然のことながらエアコンなんてなかったし、扇風機のある家庭ですら少なかった。どうやって夏の暑さをしのいでいたのだろうと、今思えば不思議なくらいです。

ランニングに半ズボン、麦わら帽子姿で、一日中戸外を駆け回っていましたね。当時確かに「熱射病」「日射病」という言葉はありましたが、「熱中症」などという言葉はなかったように思います。今はそれに「コロナ」ですからね。


ウエブで配信されている涼しげな画像を見つけました。夏の暑さを吹き飛ばす、2022年ビジュアル&新感覚かき氷ですって。

・・・確かにビジュアルですね。新感覚というのもわかります。


今は電気冷蔵庫のない家庭はないと言っても過言でありませんが、私らが子どもの頃には木製で、上部に氷を入れてその冷気で貯蔵品を冷すという冷蔵庫でした。

街には製氷屋さんが必ずあって、氷を籾殻の敷いてある木箱に入れて、それを自転車の荷台に積んで配達していたのを覚えています。(その氷屋さんは当時どうやって氷を作っていたのだろう・・・?)

その氷を小さなブロックに切って、手回しの機械で削ってかき氷にするのですが、子どもの力ではなかなか機械のハンドルが回せず、かき氷を食べる前にひと汗もふた汗もかかなければなりませんでしたね。

どぎついほどに真っ赤なシロップが、イチゴ。同じく緑がメロン、黄色がレモン。確かチクロとかいった合成甘味料と合成着色料で作られたシロップは、色は違っても同じ味だったと記憶しています。

まあ、こちらの方もビジュアルといえばビジュアルといえるかもしれませんね。まるで信号機みたい。(笑!


・・・そんな古き懐かしい昭和30年代を思い出させてくれた「ビジュアルで新感覚」のかき氷でした。




◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル

「仮想水」ってご存知か?


突然ですが、日本は世界有数の水輸入国であるといったら、皆さん驚かれるでしょう。

水と空気と安全はタダだと思っている我々日本人。貴重な飲み水をトイレに流している国。今世界各国では、水資源の確保は自国の安全保障にもかかわる重大な問題となっているといわれても、我々にはピンときませんよね。日本の常識は世界の非常識というわけです。


ところで皆さんは、「仮想水」なる言葉をご存知でしょうか?

冒頭わが国は水輸入国だと言ったのは、まさしくこの仮想水のこと。すなわち、農作物を育てるための水や家畜の飼料に含まれる水分のことを『仮想水』というのだそうです。

環境省のホームページを見ると、この仮想水を簡単に算出できるページが掲載されています。例えば牛肉の欄に100gと入力すると2060リットルと自動計算されて出てきます。すなわち牛肉100gを得るには水が2キロリットル以上必要ということを表しています。


このようにして日本の輸入食糧をもとに計算した仮想水の"輸入量"は約640億トン、国内で使う農業用水約570億トンを上回るのだそうです。

当地では、おいしい水が飲みたいときに飲みたいだけ、蛇口をひねれば口にすることができますし、生まれてこの方、水不足による農作物の深刻な被害や、節水制限・断水などという経験は一度もありません。


今日初めて知った言葉「仮想水」。

何か我々日本人は、他国の貴重な水資源まで、奪い取っているような気がして、身につまされます。





◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル

見たい夢が見れたなら・・・。


作家の浅田 次郎氏は、たぐいまれなるエッセイの名手でもあるのは、浅田ファンであれば知らぬ人がいないでしょう。浅田先生曰く、迫りくる原稿の締切に日々追われる中で、うそ八百を巡らさなければならないのが小説家。一方エッセイイストは事象に正面から向き合い、心に感じたままを正直に表現できる感性が必要な仕事であると。

週4本にも及ぶ連載の締切に追われながら、エッセイの締切にも心を砕かなければならないという先生の頭の中は、いったいどのようになっているのだろうと思いますね。

文字通り寝る間も惜しむような日々の中で、小説の発想は夢にあるということを自らのエッセイで明らかにしておられます。

なんと先生は、「見たい夢を見ることができる」という信じがたい特技の持ち主であるというのです。浅田次郎左衛門になったり、アーサー・ダ・ジローネになったり、浅大人(チェンタアレン)になったり、まったくうらやましい限りですな。


そんなミラクルなことできるわけないと、皆さん口をそろえておっしゃるでしょうけど、スマートフォンのアプリを使えば、好きな夢が見られるかもという話題。


ウエブトピックスより、
「好きな夢見られるアプリ」、英心理学者らが開発

こんなことが可能なら、まさに文字通り夢のような話。(笑!


記事を読み進めると自分のこれまでの見た夢の経験からしても、外からの音が夢の中の内容に影響しているというのは、確かにそのとおりのような気がします。なるほど外部からの音で夢をコントロールしようというのですね?


「西部劇」や「スペースシャトル」、「東京への旅」など20種類の音風景を選べるそうですが、「どうせ叶わぬ恋ならば、せめて夢で逢わせてよ」っていうのはありませんかね。「いつもペコペコしている方(私)がそっくり返って(妻に)胸を張る」っていうのもあって欲しいです。(笑!

このアプリが発表されてから約30万ダウンロードを記録し、すでに20万を超える夢のデータが集まっているそうですが、みんな考えることは同じだな。誰だってバラ色の夢を見たいんですよ。

貴方はどんな夢を見たいですか?

ナニ、あなたも夢でそっくり返ってみたいですと?


・・・なかなかに現(うつつ)はキビシイということですな。(大爆笑!




◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル

決勝戦にふさわしい大熱戦


日本列島はいよいよ夏本番。夏の全国高校野球選手権の各県の予選大会を勝ち上がって来た代表校が、次々に名乗りを揚げています。

我が故郷富山県でも昨日炎天下決勝戦が行われ、名門高岡商業が氷見を12対11の乱打戦のうえ制し、甲子園への切符をつかみました。高岡商業は、9回表2アウト、2ストライクまで追い込まれてからの三連打で鮮やかに逆転。9回裏2アウト2・3塁、一打逆転サヨナラのピンチを迎えるも、フェンスに届こうかという大飛球をセンターが背走しながら好捕。大熱戦に終止符が打たれたのでした。

試合後、9回の表に同点打を放った選手がインタビューに答えて、ベンチに入れずスタンドから応援をしてくれていた3年生の声が、ヒットを打たせてくれたという趣旨の発言をしていました。

なるほどベンチの上には背番号のついていないユニホームをつけた選手が20人ほど、マスクを着けながらも大声を張り上げて声援をしていましたね。もしかしたら、コロナに感染し体調を崩して選手登録から漏れた3年生もいたのかもしれない。


一方で甲子園出場をほぼ手中にしていたはずの氷見ナイン。グラウンドに泣き崩れたまま起き上がることもできない選手の背中を抱いて言葉をかけようとする選手もまた、顔をぐちゃぐちゃに泣き腫らしている。

そんな様子を映し出す実況中継の解説者がこのような趣旨の発言をしていました。

今日のような決勝戦を経験した両校の選手は、幸せですね。野球に限らず必ず人間的に一回りも二回りも大きく成長しているはずだ。これからの人生の大きな糧にしてもらいたい・・・。


夏の全国高校野球選手権富山県大会決勝戦を戦い抜いた、高岡商業、氷見両校の選手に拍手。さらに決勝戦の解説者にもあっぱれ!大拍手を送ります。




◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル