FC2ブログ

「シロサイとクロサイ」に「キツネとタヌキ」PART2


過日「キツネうどん」と「タヌキそば」の名前の由来について考えてみたのでした。思うに、「ケツネがあるのやさかい、タヌキがおってもええやないか」と、大阪人は考えたのではないかと。

確かに「シロサイ」と「クロサイ」の名称の頭につく「シロクロ」の由来ならそれでいいのでしょうけれど、そんな軽いノリで「キツネうどん」と「タヌキそば」の名前の由来を断じていいものだろうかと不安になり、少しばかり調べてみました。

落語家の林家木久蔵(当時、今は木久扇)さんがお書きになった『昭和下町人情ばなし』(日本放送出版協会)に、おもしろいことが書かれておりました。



木久蔵さんのお師匠さん・先代の林家正蔵さん(今の正蔵さんは、林家三平さんのご長男のこぶ平さんがお継ぎになられましたね)が、天ぷらの揚げカスの噺だけで20分くらいしゃべったという思い出話。

「・・・タヌキそばってものがありますが、蕎麦の上にのってる天カスも、いいネタを揚げた油カスだったら、なんとも言えなく旨いですが・・・。ついでに申し上げますが、タヌキそばのタヌキは、キツネ・タヌキのタヌキじゃなくて、衣ばかりのカスだから"たね・ぬき"っていう意味で、これを縮めた江戸弁でして・・・」

ほ~、中身の入っていない衣だけの「たねぬき」が元で、それが変じて「タヌキ」になったと。


また『蕎麦屋のしきたり』(藤村和夫著 日本放送出版協会)には、



昭和25年ごろのこと、「室町の砂場」さんで、仕舞い蕎麦(看板にしてから、従業員が皆で食べるそばのこと)の時に、もり汁の中に「揚げかす」を入れており、これはこれでおいしいのですが、まさかお客様に「天かす」を差し上げるわけにはいかない。まだその頃には、「ばくだん」とか「たぬき」はあちこちで売り出されていませんでした。そこで「砂場」さんでは、天ぷらをかき揚げにして、天もりと称してお出ししたと・・・・云々。

このように書かれておりました。


そうすると、たぬきは昭和になってから、現れたのでしょうか?大正、明治もさることながら、天ぷらが食べられるようになったのは、そばと同じ江戸時代の初めころですからね。家康の死因は、鷹狩の合い間に当時上方で流行だした天ぷら、しかも鯛の天ぷらを食べ過ぎたのが、原因と言われておりますね。もっとも、家康は消化器系のがんを患って、その頃にはもう末期であったから、天ぷらが直接の原因ではないという書物もあり、どうもこちらの方が真実のようですが。


何事も無駄にせず、万事リサイクルを徹底していた江戸人は、天ぷらを揚げるときにでる天かすは捨てていたのでしょうか?とっておいてそばやうどんに入れて食べたのでしょうか?

私の想像するに、あくまで蕎麦屋は蕎麦屋、天ぷら屋は天ぷら屋で、横のつながりはなかったと思われます。それもどちらも屋台を担いでの出店が主流で、店を構えての蕎麦屋は、江戸時代の終わりころになって、ようやく出現したといいますから、そば屋にたぬきも出ようがなかったのかも知れません。

しかし、中身の入っていない衣だけの「たねぬき」が変じて「タヌキ」になったという説、なかなか説得力があって魅力的です。

読者の中にはすでにお気づきの方がいらっしゃると思いますが、先代の林家正蔵師匠にしても、「室町の砂場」さんにしても、東京の話ですね。そもそも天カスのもととなる天ぷら自体、江戸時代の初めころに上方で流行ったものが江戸に入って来たというのですから、そうすれば「ケツネがあるのやさかい、タヌキがおってもええやないか」のノリもなかなか捨てがたい。

「キツネうどん」と「タヌキそば」の由来、関東と関西でこうも違うというのはおもしろいですね。皆さんはどちらの説をご支持なさいますか?







◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル

「ホームのベンチでゴロ寝」できた頃


仕事帰りに居酒屋の暖簾をくぐり、同僚とちょいと軽く一杯。


かってクレージーキャッツの植木等は、

ちょいと一杯の つもりで飲んで~♪
いつの間にやら ハシゴ酒ぇ~♪

気がつきゃ ホームのベンチでゴロ寝ぇ~♪
これじゃ身体(からだ)に いいわきゃないよ♪

分かっちゃいるけど やめられねぇ~♪


と歌ったのでしたが、今となってはそんなことは夢のまた夢。新型コロナウィルスが世界中に蔓延してから一年以上経過しても、その猛威は鎮まる気配すら見せようとしません。ついに東京など4都府県で4度目となる緊急事態宣言が発令されるに至りました。

かってこの国においては「民族大移動」とも揶揄されたゴールデンウィーク期間中は、不要不急の外出は控え、できるだけ人と接触しないよう心掛けてください。酒類の提供を含む飲食店は、夜8時以降のアルコール飲料の提供はしないでくださいですと。


それでも東京オリンピックは断固開催すると菅総理はおっしゃっています。震災からの復興とコロナに打ち勝った証を世界中の人々と共有するのだと。


私も世界中の人々とそういう感動を共有できたらいいなとは思いますがね。その前に「ホームのベンチでゴロ寝」もしてみたいです。(涙!







◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル

麺は4000年前から食べられていた


普段何気に食べているうどんやそばに代表される麺ですが、いったい人類はいつから麺を食べるようになったかご存知ですか?

ウエブトピックスより、「めんの起源は4000年前?」


中国北西部の新石器時代後期の遺跡から発掘された土器の中から、約4000年前のめんが発見されたのです。

めんの起源については、中国、イタリア、アラブなどいろいろ諸説があって、はっきりしてなかったそうですが、これでようやく終止符が打たれるのじゃないでしょうか。どうも、中国に旗が上がりそうですね。

それにしても、スゴイ!!

イネ科の作物キビから作られているめんだそうです。
直径約3ミリだというのですから、今のめんと比べると少し細いですねかね。

やはり4000年前でも、めんは細い方がいいとか、固ゆでにしてくれとか、コシを効かせてくれとか、こだわりのグルメ人がいたのに違いないと、これを読んで直感しましたね。

4000年前の人もめんを食べていた!

めんに携わっている者としては、なぜかしらうれしくなってくるのです。





◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル




国民性


親がわが子に抱く期待、それは大きいものがありますよね。
子どもは子どもでよくわきまえていて、大きくなったら何になりたいと聞かれれば、 一昔前なら、末は博士か大臣かって言ったくらいですからね。

カエルの子はカエルっていうこともよく承知していながら 、つい口走ってしまう人多いのじゃないでしょうか。

「勉強しなさい!」
「そんなことじゃ、えらくなれませんよ!」



こんな調査結果が出ているそうです。

親が子供にどんな大人に成長してもらいたいか? 日本、韓国、中国で聞いてみたのだそうです。


日本:「強調性のある人間になってほしい」

韓国:「指導力を発揮できる人間になってほしい」

中国:「仕事で能力を発揮できる人間になってほしい」

という答えが一番多いのだそうです。


・・・なるほど、特徴というかお国柄がよく出ていますね。

韓国はその北にあるお国も含めて、黙っていては存在していないのと同じこと、言うべきことは主張するって感じがしますよね。他人より抜きん出ることをまず一番に考える国民性がよく表れています。

中国は多くの国民の中で、何か突出しないことには目立たない、エリートに入れないっていう悲壮感とも焦りにも似た感情が、根底にあるような気がしませんか? それゆえに能力を第一義に挙げることになるのでしょう。

その点日本は、変っているといえば変っていますよね。何しろその昔聖徳太子が国を治める根幹となる考え方のまず第一に、「和をもって尊しとなす」と定められたこと一つ取ってしても、わかろうというものです。


「もの言えば唇寒し・・・」「目は口ほどにものを言う・・・」なんてこと外国人には理解しがたいでしょうね。

「まぁ~、まぁ~、そう目くじら立てずに、ここは一つ穏便に・・・」

無意識のうちに、このような解決方法を取るのが日本人。


皆さん、いかが思われますか?

日韓、日中の間の歴史認識問題、領土問題がなかなかに解決を見ないのは、日中韓三国の国民の発想の仕方が根底からずれているからといえるような気がして来ます。






◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル

霞(かすみ)、霧(きり)、靄(もや)


さくら さくら
やよいの空は 見わたす限り
かすみか雲か 匂いぞ出ずる
いざや いざや 見にゆかん

日本人なら必ず口ずさんだことのある歌「さくら さくら」、私たちは古来より美しい日本の自然を歌い継いできました。

この歌詞によれば、春弥生3月空一面が見わたす限り霞(かすみ)か雲のようなもので覆われていると言っていますね。

霞(かすみ)、霧(きり)、靄(もや)・・・これらの自然現象を表す文字には「雨」という字があることから、大気中の水蒸気が関係していると思われますが、違いを述べよといわれると的確に言える人って、気象庁の職員でも少ないのではないでしょうか?

霧(きり)は一番身近な気象現象ですから、何となく分かるような気がします。私流に言えば「地表近くに出来た雲」か。次に霞(かすみ)はというと、春に出る霧のこと。すなわち霧の春バージョン。では靄(もや)は何かというと、これも霧のこと。霧が薄かったなら靄なんだそうです。

霞も靄も霧のことで、霧が低く垂れこめた雲のことだというのですから、結局、霞も霧も靄もみんな雲ということになってしまうのでした。(笑!





◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル