FC2ブログ

日経新連載「ミチクサ先生」が楽しみ♪ PART6


日経連載の伊集院 静氏による「ミチクサ先生」は、今日が第154回目。

若き日の漱石の日々を伊集院氏は「ミチクサ」と呼んでいますが、今日まで連載を読んできて、なるほどなと思います。

若き日の漱石が歩んだ「ミチクサ」については、これはやはりどうしても正岡子規との親交抜きでは語れないのは言うまでもありませんね。伊集院氏もこの二人の天才の若き日の交友に、これまで多く紙面を費やしています。

ところで俳句ということであれば、日本人なら松尾芭蕉を知らぬ人はいませんね。同じく与謝蕪村も同様でしょう。時代が新しくなって明治期ということであれば、どうしても正岡子規をあげぬわけにはいきません。

芭蕉といえば「古池や蛙飛び込む水の音」、蕪村なら「菜の花や月は東に日は西に」の句が名前と一緒に浮かんで来るように、子規であれば「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」ということになります。

今日の「ミチクサ先生」は、この子規の名を永遠たらしめた「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」の発句の場面がみごとに描写されていました。

この時すでに子規は結核菌によって体の奥深くまで蝕まれていて、おそらく子規も自分には残された時間が限られていることがわかっていたのでしょう。東京でやらねばならぬことがあると、母親や妹、そして漱石の必死の説得にも応じず、帰郷し療養していた故郷松山(漱石は松山中学の教師としてこの地に赴任していた)を発っています。

その途中、神戸、大阪、奈良、京都と旅をしている子規。旅といってもこの当時は、どうしても道中歩くということになってしまう。腰の痛みのために旅を続けることが出来なくなった子規は、奈良で宿を取り数日逗留することにした。

伊集院氏は、子規が発句したのはその宿の一室で所望した御所柿を口にしたときのことであると、このように描写しています。


美味い、と子規が声をあげた時、釣鐘を打ったような音色が聞こえた。

「どこの鐘ぞな?」

「東大寺ですね」

「ふぅ~ん」


調べてみると、子規が故郷から奈良、京都を旅して東京へ向かったのは明治28年のこと。明治25年に日本新聞社に入社し、日清戦争の従軍記者として中国に赴いたのが前年の27年のこと。日本へ帰って来るときの船中で、激しい吐血をしたことは、おそらく子規の手記に残されていたからでしょう。「ミチクサ先生」でも書かれていましたし、「坂の上の雲」でも描写されていました。

すでにこの時子規の体を蝕む結核菌は肺はおろか脊髄にまで達していて、カリエスを発症していたために、歩くことも困難になりつつあったことが想像されます。

いわば、自分に残された生を見極めた時に発句したのが、かの句であったということになるのでしょう。


ところで「ミチクサ先生」の連載は2月20日で終了し、新連載が始まるということです。伊集院氏が突然の病で倒れられ、執筆が困難と報じられていますから、若き日の漱石の「ミチクサ」が途中のまま終了するのは残念の極みですが、子規の最後を見送ることになる「ミチクサ先生」を見ずにすむのは、なんとなくほっとした心持ちではあります。

伊集院静氏が健康を一日でも早く回復されることを心より祈念してやみません。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村

日経新連載「ミチクサ先生」が楽しみ♪ PART5


日経連載の伊集院 静氏による「ミチクサ先生」は、今日が第111回目。

冒頭「明治22年の暮れ、金之助は牛込の家に戻った」と書かれています。

明治22年といえば西暦1890年。漱石は1867年(慶応3年)の生まれであるから、この時23歳の青年ということになりますね。大学予備門(のちの第一高等中学校)に入学してから5年の歳月が流れた年の暮れということになります。

漱石に多大な文学的、人間的影響を与えることになる正岡子規は、このとき病気療養のため故郷の松山に帰省中で、東京と松山の間の漱石と子規との手紙のやり取りについて書かれています。

この明治22年の大晦日にしたためた漱石の手紙は、実に巻紙にして4尺(1.2m)。これを年が明けた正月に読んだ子規がその日のうちに書いた返事が、7尺(2.1m)にも及ぶ長文だったと紹介されています。

しかも、両者とも恐ろしいくらいの早書きで、それでいてほとんど書き直しが見当たらないというのですから、幼い頃より漢書に慣れ親しんでいた両者には、こと文筆に関しては天与の才能がそなわっていたことを物語っていますね。


さて、この若き日の漱石について語る「ミチクサ先生」、子規はもとより、秋山真之、そして当然のごとく鴎外もその名が出てまいります。元旦の110回では、松山の実家に戻り静養中の子規のもとに東京の様子を聞こうと数多くの若者の中が訪れたと書かれており、その中に高浜清の名が見えます。その前の109回では河東秉五郎(へいごろう)の名も。

清少年(のちの高浜虚子)については、「清は偏向者(へんこうもん)じゃなもし」と誰かが言ったと紹介されており、秉五郎少年(のちの河東碧梧桐)については、母親が心配するほどの恥ずかしがり屋であったが、このときはっきりと子規に俳句を習いたいと申し出たと。

俳句の17文字の規律にあくまでも厳格にこだわったという虚子と、17音の縛りにとらわれず自由奔放な発句もいとわなかった碧梧桐の少年期が、実にさりげなく巧みに描かれていますね。

のちに子規の門下生となり、その後継者となるこの両者に、子規はどう答えたかというと、

「偏向者、結構じゃないか。他人と同じことをするより、よほどええぞ」

「そいか、君は俳句をやるか。今日は俳句でなしに、これから原っぱでベースボールをやるけえ、それを教えたろう」


若き日の子規のすがすがしい姿が目に浮かぶようです。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村

日経新連載「ミチクサ先生」が楽しみ♪ PART4


日経連載の伊集院 静氏による「ミチクサ先生」は、今日が第106回目。

若き日の「ミチクサ先生」こと漱石を語るとき、東大予備門の同期生であった正岡子規との出会いは欠くことができないのは、少しばかりでも「漱石」か「子規」を学んだことのある者にとっては常識。

ましてや同じ文学の道をこころざし、"物書き"を生業としようとする伊集院氏ですから、この「ミチクサ先生」で子規について大きく紙面を割くことになるのは、なんの不思議もないことでしょう。

前回取り上げた時は、第67回の時。この時は子規と"野球(のボール)"について書かれていた。

そしてやはり子規がはじめて喀血をみた時のことが書かれていたのが、つい数日前のこと。その子規を励まそうと若き日の「ミチクサ先生」・夏目金之助が子規に送った手紙に、「漱石」という号が初めて記されていたことについて触れているのが、今日ということになります。


驚くべきは、「漱石」の由来となる中国西晋時代の「枕石漱水」の故事を、幼いときから漢書に親しんでいた二人が、当たり前のごとく共有していたということ。

手紙には子規が著した「七草集」を読んだ漱石の感想が、28文字からなる七言絶句で書かれていたと。

・・・漢詩を書く方も書く方。その漢詩の意図するところをたちどころに理解し、「夏目君は本物の畏友じゃ」と涙する子規もスゴイ。さらには「漱石」という号は、子規も松山時代から名乗ろうと考えていた号の一つだったと紹介されているではありませんか。

ほぉ~、・・・もし子規がと肺病を患い喀血することがなかったとしたら、この大天才は「正岡漱石」と名乗っていたかもしれませんね。

そうしたら若き日の「ミチクサ先生」は、夏目何んと号しただろうか?






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村

「世界ぐるっとひとり旅、一人メシ」


暇と少しばかりの金があれば、貴方は何をしたいと思われますか?

私なら在り来たりかもしれませんが、あてもなく世界中を巡って、その土地々々に住む人々が食べているものを食べてみたい。

貧乏暇なしということばを地で行く生活をしている身の上を思えば、とても叶うべくもない願望ではありますが、本屋でこんな本を探してきて、眠りにつく前の30分余り、行けもしない世界ぐるっと一人旅を寝床の中で味わっております。




現地に住む人が普段食べているものにこそ、とびっきり美味いものが味わえるというのが著者の信条。

写真家であり料理研究家でもある著者が、世界中を食べ歩いて50年、その折々に書き留めたエッセイを豊富な写真とともに紹介してくれています。



寝床の中にいながら世界をぐるっと回り、現地の美味しいものを堪能できる「世界ぐるっとひとり旅、一人メシ」。あなたもいかがですか?

ただ、時としてお腹がグーグーなって眠れなくなることがあるのを覚悟しなければなりませんが。(爆笑!




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村

時代小説が好きPART164「うちの旦那が甘ちゃんで」


「御用だ、御用だっ!神妙にしろいっ!」

時代劇の捕り物のシーンで必ず耳にする取り方の掛け声ですが、このような掛け声を発するのはあくまで町方の御用聞きの小物(身分は町人)で、町方の同心は決して言わなかったってこと、ご存知でしたか?

本屋で偶然手にした本、「うちの旦那が甘ちゃんで」の冒頭に書いてありました。




本書の主人公は、江戸南町奉行所の風列廻り同心・工藤月也と、その妻・沙耶。

南北の奉行所にあわせて250人あまり配されていたという同心の中でも、風列廻り同心は、凶悪な事件を担当する同心でいわば花形。4人しかいなかったと書いてあります。

その花形であるはずの工藤月也は、題名にあるように実に困った「甘ちゃん」。のほほんとした性格から、盗人を取り逃がすことが多く、付き人である小者たちは愛想を尽かして次々に辞めてしまう。

小者を持たぬ同心は、猟犬を持たないで狩りをしようという猟師のようなもの。「ワン、ワン!」とほえたててキツネを追い込んで、ご主人様の出番を待つ猟犬を想像してもらえば、同心と小者の大切な関係がわかってもらえるでしょう。

冒頭にあげた「御用だ、御用だっ!」は、いわば「ワン、ワン!」に当たるということでしょうね。(笑!


ブックカバーに画かれたイラストを見てみると、月也とおぼしき同心が挟み箱を担いで歩いている。その後をアジサイの植木鉢を抱えて歩いているのが沙耶なのでしょう。


この挟み箱こそ小者が担ぐべきもので、これを担いで主人である同心のあとを追うのが、町方同心と小者の本来の姿。この箱の中には捕り物に使用するもろもろの道具(例えば捕り物専用の大きい十手や捕り縄など)が入っていて、これがなければ同心は仕事にならなかったというのは、ちょっと驚きです。テレビの時代劇には、小者が挟み箱を担いでいるなんて、決して出て来ませんものね。

さて、その己の分身ともいえる大切な小者に逃げられてしまった風列廻り同心・工藤月也は、この窮地をどうしのぐというのでしょう。


「うちの旦那が甘ちゃんで」・・・、亭主の前では決してそんな素振りも見せないしっかりものの女房・沙耶は、甘ちゃんの月也をどう支えるというのでしょう。

同心の女房が「御用だ、御用だっ!」と叫びながら駆けるっていうのは、見たことも聞いたこともありませんが・・・。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村