FC2ブログ

「火星ですし屋を開業したい」!?


宇宙、それは人類に残された最後のフロンティア・・・。

確かアメリカの空想科学映画スタートレックの冒頭に出て来るナレーションでしたね。

それほどまでに人類を宇宙にかき立てるのものは何なのでしょうか?


ウエブトピックスより
「火星に8万人移住」スペースX創業者が構想 費用は1人4100万円

4100万円って、高いといえば高いようにも思えますが、なにぶん火星への飛行費用ですからね、考えようによってはお値打ちのようにも思えてきまが。

すでに2015年までに火星への片道移住に20万人もの応募者があったそうですが、それって本当でしょうか。俄かには信じがたい人数です。その中からすでに100人の人選がなされているとか。

その内訳は男性50人、女性50人。年齢は19~60歳。地域別では北米39人、欧州31人、アジア16人、アフリカ7人、オセアニア7人。

・・・なにやらノアの箱舟のような様相ですな。

「火星ですし屋を開業したい」というメキシコ在住の日本人女性シェフも選ばれているということですが、いったいいかなる選考基準によって彼女が選ばれたのかお聞きしたいものです。

すしって我われの常識では、酢飯のうえに生魚の切り身をのせた食べ物のことを指しますね。まず、火星に無事定住できたとしましょうか。そこでご飯は何とか炊けたとしても、生魚はどうやって調達するのだ?

まあ、この方なら「築地から毎日送ってもらうわ」と言い出しかねませんが。(笑!


凡人の発想と笑われようとも、私に言わせれば命は金には代えられません。4000万が1000万でも、いや100万でもお断りしたいです。

同じ100万円の旅行なら、地に足の着いた豪華国内有名温泉巡りの旅の方がいいです。(笑!

すしもわざわざ火星まで行って食べたいとは思いません。たとえ1皿100円の回転ずしであっても地球で食べたいです。(笑!


さて、この計画をぶち上げたスペースX社最高経営責任者のフロンティア精神には敬意を表したいとは思いますが、常軌を逸しているとご自身も承知しておられるご様子なのに、「人類が複数の惑星で暮らすことを望むなら、多くの人を火星に運ぶ方法を考える必要がある」って、思考回路がまるでドラゴンロケットのように飛躍し過ぎじゃありませんか?

国内有名温泉巡りの旅と回転すしを望む派を代表して言わせていだだきます。

人類は誰一人複数の惑星で暮らすことを望んでなどいません。(笑!






◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル

ヘビ怖がるのは本能?


ウエブトピックスより
「ヘビ怖がるのは本能」京大発表、3歳児も反応

私もヘビを目にすると一瞬身構えてしまいますが、それが本能だといわれると、直感的におかしいのじゃないかと思ってしまいます。別段京都大学の先生の研究成果にけちをつけたくはありませんが・・・。(笑!

「ヘビによる恐怖体験がない3歳児」をサンプルに選んだということですが、無垢な子どもが猛獣とじゃれあったり、平気でヘビを首に巻きつかせたりしている映像をテレビで目にすることがありますね。あるいは野生の子ザルがヘビに興味を示して近づくという映像も目にしたことがあります。これはどう説明するのだろうか?


本能とは生物学的に親から受け継いだ性質のことですよね。私の経験からしても生まれながらにしてヘビは怖いものであるという自覚はなかったと思うのですが。つまり、物心つき始めたころから、親や周りからヘビに無防備に近づくと危害を受ける可能性のある動物だということを教えられたから、あるいはネズミや小鳥を丸飲みにしているヘビの姿を繰り返し見たから、さらに周囲の大人がヘビを怖がっているのを見て育ったから、怖いと思うようになったのではないか。

親が石油ストーブやアイロンが危険であると、乳児に繰り返し教えるのと似ていますね。

まぁ~、ヘビにしてみれば、本能だ、学習だと、迷惑至極な話ではありますがね。。。





◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル

人間がヘビを素早く認識するのは色覚が発達しているから・・・?


ウエブトピックスより、
人間の色覚、天敵察知のため発達か

人間がヘビを素早く認識するのは色覚が発達しているからという学説だそうです。

人間の4~6歳の子供111人に、画面に表示した8枚の花と1枚のヘビの写真を見せ、ヘビの絵を選ぶまでの時間を計ったところ、写真がカラーだと白黒に比べて選ぶ時間が短くなったという実験が根拠の一つだとか。

長年霊長類の研究をなさってこられた著名な先生には申し訳ないのですが、別にヘビに限らずともあらゆる物すべて、白黒よりカラーの方が素早く認識できると思うのですがね・・・?

さらに人間が本能的にヘビを恐れる理由は大きなナゾとされていると、一方的に論じておられますが、確かに私もヘビを見るとぎょっと身をすくめる方の人間ですが、ヘビを首に巻きつけて嬉々として笑っている人もいますから、大きなナゾというのも言い過ぎのような気がしないでもありません。

しかし、霊長類は他の動物に比べて臭覚が劣っている分、色覚が発達したというのは説得力があるように思われます。サルやチンパンジーがそうであるように、ヒトの先祖も群れで生活していたに違いありませんから、みんな同じように毛むくじゃらの集団の中から、意中の伴侶を見分けるには、目ざとくならざるを得なかったと思うのです。

すなわちヒトは、すでにご先祖様の時代から、意中の異性を素早く見つける訓練をしてきたがゆえに、視覚とりわけ色覚が発達したのだというのが私の提唱する説です。

どうです、ヘビに由来するという学説よりも説得力があると思いませんか?

・・・ダメか!?(爆笑!





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村

シマウマのしま模様



シマウマのしま模様って、アフリカのサバンナで肉食獣から身を隠す働きをしているのだとばかり思っていましたが、そうではなかった。肉食獣ではなくアブなどの血を吸う昆虫から身を守るためだったとは、驚きですね。

ウエブトピックスより、
「しま模様」にはどんな働きがある? シマウマを巡る長年の論争に決着

白と黒のしま模様がアブの目をくらましているって、アブってどういう目をしているのだろう。金に目がくらむというのなら親しみやすさも湧くかもしれませんがね。(笑!

なるほどアフリカのサバンナを扱ったドキュメンタリー番組などを見ますと、おびただしいアブやハエなどが動物の周りを飛び交っていますね。私などはプ~ンという一匹の蚊の羽音がしてさえ、尋常でいられない。

愛知県農業総合試験場が牛を使って行った実験の様子が写真に載っていますが、しま模様をした牛って違和感ありまくりです。まあ、尻に目の模様を描かれた牛よりましでしょうけれど。(笑!

・・・牛も大変だな。体を縞々に塗られたり、尻に大きな目を描かれたり。それにしてもわれ関せずと悠々と草を食む牛は、人間でいえば大人(たいじん)の風格が漂っているようにも見えます。


アブに刺された回数が、しまナシ110回に対して、しまアリ60回ですから、これは明らかに科学的にも優位性が確認されます。

しかし、ここで俄か動物生態学者( → 私のことです・・・笑!)は、どうしても納得しかねる一つの疑問に首を傾げるのです。


シマウマのしま模様がアブなどの昆虫に刺されるのを防いでいるというのなら、どうして他の動物たちも長い進化の過程でしま模様にならなかったのだろう?しましま模様のライオンやキリンがいたって不自然ではないということになりませんか?

・・・まあ、そうすればアフリカのサバンナは、見渡す限りしましま模様の動物ばかりになって、アブなどの吸血昆虫は大いに戸惑うばかりでなく、人間にとっても動物の区別がつきにくいってことになるでしょうけれど。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村

「へんな毒すごい毒」より


自然界には毒を持つ植物や生物は多くいることが知られていますが、毒を持つ鳥の存在はあまり聞いたことがありません。ところが鳥類においても例外ではなく、ニューギニアの固有種であるモズヒタキ科の3種類のモリモズの仲間には、羽毛や皮膚に神経毒が含まれているということです。

書店でふと手にした本「へんな毒すごい毒」に書かれていました。



この毒のおかげでモリモズは鷹やヘビのような天敵に襲われることをまぬがれているそうです。

次のページには我々素人でも知っているヤドクガエルが紹介されています。ヤドクガエルの毒は自分自身が作り出すのではなく、餌とするアリ、ヤスデ、テントウムシ、ダニなどが持つ毒に由来するということですが、ヤドクガエルはどうしてその毒に当らないのか不思議です。

ヤドクガエルの毒成分は数百種類にも及ぶアルカロイド形の神経毒で、主成分のバトラコトキシンは先にあげたモリモズの毒素ホモバトラコトキシンと同類であることから、モリモズの毒もヤドクガエル同様に餌としている昆虫類に由来しているのではないかと書いてありました。


そこで俄か生物学者( ← 私のことです )が考えたこと。

モリモズの天敵である鷹やヘビは、どうしてモリモズには毒があることがわかるのでしょう?毒があることに気づいた時は、すでに手遅れ。天敵にとっては命日になるわけですから。(笑!


モリモズはヤドクガエルよりはるかに大きい体をしていますから、その体を維持していくには、ヤドクガエルよりもっと効率的に餌を捕る必要があるはずです。アリ、ヤスデ、テントウムシ、ダニなどを捕食するより、いっそのことヤドクガエルを捕食する方が、ずっと効率が上がるというものでしょう。

ひょっとしたら鳥類でも毒を持つという珍しい鳥モリモズは、ヤドクガエルを餌としているのではないかなど考えたりしています。

そうだとすれば、モリモズに聞いてみたいものですな。ヤドクガエル1匹で体重50キロの人間20人を殺せるという猛毒の味は、渋いか、苦いか、はたまた酸っぱいか?まさか甘いということはないと思うのですが・・・。(爆笑!





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村