FC2ブログ

ラーメンにトッピングされている海苔の食べ方


昨日食べたラーメン。
濃厚豚骨とろり煮卵ラーメン。税込み750円。



食券を購入してテーブルに着くと、店員さんがやって来て、「お好みはいかがされますか?」と聞いて来る。何のことかわからず答えられずにいると、「麺の硬さと背油の量をお客様のご希望で調節いたします」と言う。

なるほどそういうことかと、「では普通、普通で」。

出て来たラーメンを見ると、スープにはぎっとりと脂が浮いている。いかにも背油が効いているようで、それなら少な目にするんだったと思いながら、スープをすすると、これが意外にあっさりしていていくらでも飲める。

中太のちぢれ麵の硬さや丁度良し。名前にもなっている「とろり煮卵」も文字通り舌の上でとろりとまとわりつく。

大きなチャーシュー2枚は、味と大きさは申し分なくとも、ごくごく薄くスライスされているのが不満。(笑!

丼の縁にトッピングされているおおきな海苔は、一目香りも色つやも高級品とわかるものですが、ラーメンのトッピングに海苔というのはいかがなものかというのが、私のかねてからの主張。

ご飯ならちょいと醤油をつけて焼き海苔を巻くようにして食べるでしょ。でもラーメンはどうやって巻けばよい?食べるタイミングも難しく、あとまで残しておくとスープを吸ってべとべとになって丼の縁にこびりついて面倒。かといって、海苔だけで食べると、上あごに張り付いてなお面倒。

そこでチャーシューに煮卵のとろりとした黄身をまぶして海苔で巻いて食べてみた。すると、醤油味の滲みたチャーシューと卵の黄身の味と海苔の磯の香りが口中に広がって、そこへラーメンをずるずるとすするとこれが新発見の美味しさ。

ラーメンにトッピングされている海苔の食べ方、ようやく体得できました。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村

月見うどん


昨日のお昼に食べたうどん、月見うどん。

具材は卵に蒲鉾、ネギといたってシンプル。

月見うどん


お昼にうどんやそばは、仕事に追われているときでも手軽に済ますことが出来ていいですね。すぐ作れて、すぐ食べれて、消化もいい。おまけに後片付けも簡単と良いこと尽くめ。

中でも月見うどんは卵を割って入れるだけでたんぱく質も補えますから、月見にすることが一番多いです。5分で作れて5分で食べれる。(笑!

都合10分の昼食でした。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村

ブラックラーメンはこうやって食べる。


昨日お昼に食べたラーメン。
スープの色がずいぶん濃いでしょ。



これが今やラーメンの分類の中で、"ブラック"というカテゴリーまで作られるようになった、当地富山発生のブラックラーメンです。

なんと言っても濃い口の生醤油を使ったスープが目を引きますね。麺は中太の縮れ麺が多いようです。具材は焼豚、メンマ、ネギと、いたってシンプル。写真のラーメンには煮卵が半分のっていますが、卵や海苔などはのせないことが多いようです。ただ一点どうしても欠かせないのが、仕上げにたっぷり振りかけるブラックペッパー。しかも粗挽きと決まっているようです。

器の底の方から麺をすくうようにしてかき混ぜ、麺の上に振りかけられたコショウとスープをよく馴染ませるようにして、一気に麺をすすり込むのが私流のこのラーメンの食べ方。・・・するとどうでしょう、口の中一杯に醤油とブラックペッパーの香りが広がるのです。

上品ぶって箸を口に運んでいたのでは、美味しさも半減してしまう不思議なラーメンです。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村

一手間掛けたには違いないぞという弁当・・・。


一昨日はラーメンだったので、昨日はご飯ものをと思って、コンビニで買い求めたのがこれ。3色そぼろごはん。



201302161308000.jpg



塩サケの切り身のほぐしたもの、炒り卵、鶏挽き肉のそぼろ。ごはんの上に結構厚く敷いてあって、ボリューム感もあります。味つけもそれなりに工夫がしてあるようです。

しかし、まあ、コンビニ弁当というだけでわびしさがこみ上げて来ますね。そこで上から刻みのりを振りかけて4色にして食べました。コンビニ弁当ストレートではなく、一手間掛けた弁当だぞと。(涙!

それにしても、大変な一手間もあったものですな。(爆笑!






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村

こんなラーメン食べました♪


昨日のお昼に食べた味噌ラーメン

辛みそラーメン


この店のイチオシのメニューが写真の辛みそラーメン。
炒めたたっぷりの野菜にこの店オリジナルの唐辛子味噌を乗せて食べる。味噌は辛いので少しずつ溶いて食べてくださいと、店員さんがラーメンを持ってきたときに説明してくれました。

辛みそを少しずつ溶いて食べる


言われたとおり、少しずつ辛みそを溶いては味を確認しながらラーメンをすすると、甘口の白味噌ベースのスープは、それだけでも十分美味しいのですが、自慢の辛みそが溶けていくにつれ、辛味だけでなく旨味も加わって、まったく違った味のみそラーメンになります。

ラーメンを食べていくうちに、次第に辛味が増してきて、終わり頃にはすごく辛い味になっているはずなのに、ついついスープを口に運んでしまう。

そんな不思議な辛みそラーメン、780円(税別)でした。



◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村