FC2ブログ

4月の花


春になれば一斉に芽吹き、花をつける自然の草花。とはいっても開花時期が種によって早い遅いがあるのが自然の摂理。だからこそ人は次々といろんな花を愛でることができるというものです。

私は植物についてはまったく知識が乏しいのですが、誰でもご存じの春の植物でその開花時期を追ってみました。

まず日本人なら何といっても桜。

桜.jpg


我が家の直ぐ向いにある小学校の校庭に植えられている桜の古木。創立147年、この地に移ってから100年近くになろうという学校ですから、この桜は100年の年輪を刻んで来たことになります。

その桜と相前後して花をつけるのが、わが家のモクレン。

2016040213420000.jpg


桜より早く開花する年もあれば、桜が散り始めるころに咲き揃う年もある。


梅は咲いたか 桜はまだかいな
柳ヤァなよなよ 風しだい
山吹や浮気で 色ばっかり
しょんがいな


昔より花柳界の粋なお姐さんを花にたとえ、いっこうにその気になってくれぬと気を揉む旦那衆の気持ちを歌ったなかなかに艶っぽい端唄の文句には、どうしたわけかモクレンは出て来ませんね。

・・・してみれば、モクレンは色気のない野暮ったいお姐さんということになるのでしょうか。(笑!


その端唄に歌われているように、梅は桜より早く花をつけるとしたものですが、わが家の"猫の額"の白梅はご主人様に似てかなりの晩生。今年は桜が散り始めようというころになってもこの勢いです。




そしてスズランスイセン。桜が散って名残り惜しい気持ちに浸っていると、それを癒すかのようにこのように可憐な姿を見せてくれるので、私の好きな草木の一つです。



4月の花四葉ご紹介しました。





◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル

スズランスイセン


当地北陸富山の桜は、満開を過ぎちらほら散り始めたといったところでしょうか。

一方こちらは、今が盛りのスズランスイセン。

7~8年前になりましょうか、会社の建屋の生垣の縁に一株芽を出した可憐な白い花。おそらく鳥が種を運んできたのでしょう。それから毎年この時期になると決まって花をつける。



毎年株が少しずつ増えて、今年は5~6株はありますでしょうか。咲き誇っているという感じがしますね。

タイミングよくこんな可憐な姿をとらえることができました。



朝露に光るスズランスイセン、まるで小さな電球に明かりが灯ったかのようです。




◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル

季節の花PART2


昨日に続きもう一葉、季節の花。

白と薄ピンクの渦巻きが特徴的なこの花。残念ながら、これもどういう名前なのか知りません。

白と薄ピンクの渦巻きが特徴


したがって、またまた名もなき花PART2というわけです。(苦笑!





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村

梅雨と立ち葵


当地北陸富山は経度からみれば日本列島のほぼ中央に位置するというものの、北に位置する分だけ緯度が高く、梅雨も他の地域に比べると遅くやって来て、その分遅れて明けるのが通年です。

気象庁の発表によれば、今年の当地の梅雨入りは6月11日。九州北部(山口県を含む)、関東甲信、東北南部とそろって同じ日に梅雨入りというのは、ちょっと珍しい。例年より早く北陸に梅雨がやって来たのか、九州北部や関東甲信が遅れたのか?(笑!


当地では梅雨入りが宣言された11日より13日まで、激しい雨が降り続き、富山県地方には大雨洪水警報が発令されました。休み明けの今日ようやく小休止。雲の合間から射す陽ざしが目に眩しいです。

そんな梅雨の合間に目を楽しまさせてくれる季節の花、一葉。




これは立ち葵。名前にあるようにすっくと真っ直ぐに伸びた茎が特徴です。別名梅雨葵と呼ばれているように、梅雨が始まるころに根元の方から花を付けはじめ、梅雨が終わるころに先の方の花も開くといわれています。

写真を見ると立ち葵は手前の田んぼの畔際に生えていますが、農道一本はさんだ奥には麦畑が黄金色に色づいています。

田んぼに植えられたばかりの早苗にとっては、これからの湿潤で温暖な梅雨の季節は成長に欠かせませんが、麦にとっては麦秋を迎えての長雨は大敵。この麦畑も梅雨の晴れ間を見計って、早々に刈り入れしなければなりませんね。

私が梅雨空に撮ったこの立ち葵は、梅雨が始まったばかりだというのに、かなり株の上の方まで花を咲かせている。

きっと奥の麦畑が主張する麦秋に惑わされて、もう秋というなら急いで花を咲かせなければなどと勘違いしたのでしょうかね。(笑!





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村

「いづれがアヤメかカキツバタ」


「いづれがアヤメかカキツバタ」は、甲乙つけがたい、どちらも優れているという時に本来使う言葉ですが、最近ではよく似ていて区別がつかないと言う意味でも使うようです。

アヤメやカキツバタはもう少し先、梅雨に入ろうかという頃の花。それよりより一足早く例年5月中旬過ぎから下旬にかけて開花するこの花も、区別し難い素人泣かせの花です。これはサツキでしょうか?ツツジでしょうか?

いづれがサツキかツツジ?


白い花をつける株もあれば赤紫、薄ピンクの株もあり、さらに同じ株に白とピンクが揃って咲くものまであり、花弁の大きさも大きいのもあれば小さいのもあったり。・・・よく分かりません。

まあサツキであれツツジであれいずれにしても言えることは、「いづれがアヤメかカキツバタ」の本来の意味がそうであるように、人心を和ませてくれる甲乙つけがたい美しい花であることに変わりはありませんね。

今年は例年になく春の訪れの早かった年でした。梅や桜もそうであったように、1週間から10日ほど早く花をつけてくれたようです。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村