FC2ブログ

日は登り日は沈む・・・。


The sun rises, and





the sun sets .







◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村

ホタルイカの身投げ


自ら命を絶つということをするのは、人間だけに見られる行動だと言いますが、動物の謎の行動として、例えば鯨やイルカが海岸の浅瀬に乗り上げて沖に戻れなくなって死ぬという事例も数多く報告されています。これは果たして自殺なのか、事故なのか、高い知能を持つ高等動物だけに、もしかすると自殺かもしれないと疑りたくなります。彼らにも人間と同じように先々を悲観するというようなことがあるのだろうか?

当地北陸富山では、今が名物ホタルイカの旬。富山湾に面した多くの漁港でこのホタルイカが水揚げされます。

さてそのホタルイカですが、この時期当地では冒頭にあげた鯨のように、「ホタルイカの身投げ」と呼ばれる自殺行動(?)が見られることがしばしばあります。

群れで浜に押し寄せ、大量のホタルイカが砂浜に打ち寄せられるのです。
そんな時は、膝ほどまで水に浸かるのを我慢すれば、たもで簡単にホタルイカをすくい取ることができるのです。

南風が吹き込んで気温が上がり、もや~とした生温かい陽気の深夜に、よくその身投げ行動が見られるので、そんな日の夜には、たもとバケツ持参でホタルイカの身投げを待つ人で砂浜が賑ったりします。

当地ならではの春先の風物詩の一つです。ただしこの風物詩、ホタルイカも自殺を思いとどまることがあるのかないのか、いくら待っても「身投げ」がなくて、空振りすることしばしばです。眠い目を真っ赤に腫らし、膝どころか尻までビショビショにぬらして、一晩無為に過ごすという情けない羽目になるのです。

昨日夕方の地元民放テレビのニュースでも取り上げていました。昨日未明の「ホタルイカの身投げ」の名所(?)の浜の様子を取り上げていました。三種の道具(タモ、バケツ。懐中電灯)を手にした大勢の人たちが、ホタルイカをすくっている様子を放映していました。番組の女性ニュースキャスターも自分で捕ったホタルイカをその場で茹でてもらい、アツアツのところを頬張っていました。

「ふはぁ、ふはぁ・・・。う~ん、美味しい!」

沖で取れるホタルイカと違って、浜に身投げするホタルイカは、砂が噛んでいてジャリジャリすることがあるんですよ。(私も経験者ですので・・・笑!)


ところで皆さんもお気づきのことでしょうけれど、「身投げ」を辞書で引くと「(水中などに)自分から飛び込んで死ぬこと。投身」とあります。言葉としてはホタルイカが「身投げ」するという表現はおかしいと思うのですが、ぴったりした言い方が思いつきません。

ホタルイカの「身上げ」、「陸投げ」「浜投げ」もおかしいでしょ。


毎年ホタルイカが魚屋さんの店頭に並ぶこの時期になると、いつも「身投げ」という言葉の用法について思い悩んでいる自分に気づき、苦笑しています。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村

やはり外出は控えた方がいいのでしょうが・・・。


新型コロナウィルスの感染から身を守るため、出来るだけ外出を控えじっと家で過ごすことを国はすすめているようですが、どうしても外出しなければならないときはどうする?

昨日所用で長野県小諸市まで行ってまいりました。当地富山県高岡市からは北陸新幹線"はくたか"号を利用して、新高岡から佐久平まで1時間50分余り。佐久平からJR小梅線で15分程でしたか。乗り継ぎに30分以上待たされたとはいえ、2時間半余りで目的地の小諸へ行くことができました。

公共交通機関を利用しての遠出は、何かとためらわれたのですが、仕事ですからしょうがないではありませんか。生活が懸かっている。(苦笑!

昼時になって腹が空けば、飯も食わねばならん。ということで、佐久平駅の待ち合わせ時間に食べたそば。「佐久平そば」です。



北陸新幹線の様子はというと、やはり利用客は少なかったですね。新幹線の座席は進行方向の右側にABCの3席、左側にDEの2席の配置ですが、乗客は私も含めて皆E席に座っている。右側のABC席にはほとんど乗客が見当たらずガラガラ状態。どうもJR側でチケットを販売する段階でそのような配慮がなされているようです。

「当列車ではたえず室内の換気を行っています」というアナウンスも何度も耳にしました。もちろん乗務員は皆さんマスク着用。乗客も私を含めて誰一人マスクをしていない者はいない。私なんぞはその上携帯用のアルコール消毒液持参ですからね。(笑!

まあ、「佐久平そば」を食べるときにはさすがに外しましたけど、家に帰ってくるまでマスクはしっかり着用。手指には頻繁にアルコールをシュ、シュッ。

・・・こんなこといつまで続くのでしょうかね?早く収束してもらいたいものです。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村

揺れる大地の上にある国


昨日の未明午前2時過ぎのことでした。ドン、という大きな音で目を覚ましました。するとその直後にユッサユッサと揺れる大きな横揺れ。お隣の石川県能登地方を震源とする地震は、当地富山県高岡市でも大きな揺れを観測しました。

このような強い揺れ(高岡市では深度3)を感じたのは、何年か前のやはり能登沖地震の時以来。寝床の中で身構えるものの何もすることができず、揺れが収まるのを待つしかなかった。

前々日の11日は、誰もが忘れようにも忘れ去ることが出来ぬ日。9年前のこの日、3.11 の惨劇が東北地方を襲った日です。あの大地震と大津波、そして原発事故による惨状は、今日までの復興という名の下の懸命な努力をもってしても依然として回復しきれていないと言わざるを得ませんね。


朝一にテレビのスイッチを入れれば、この1~2週間は最大震度5クラスの余震が発生する恐れがあるので、十分な警戒が必要であるとの報道。

「余震」に注意が必要・・・?


古の昔より、日本人は表に現れてこない隠れた部分にあるものに美意識を見いだしてきた民族ですが、それは「余情」、「余白」、「余話」、「余韻」といった言葉にもよく表されていますね。しかし「余震」だけは唯一例外で、日本人の美意識を大きく狂わす言葉というしかないのは、ほんとうに残念なことです。

「余震」を辞書でくると、「大地震のあとしばらくの間、引き続いて起こる小地震」とあります。あまりにも無機質に並べられた事実だけを示す言葉が、恨めしくさえ思えてきます。

何年かぶりの強い揺れに、この国が揺れる大地の上にあるということを改めて思い知らされた昨日未明の地震でした。

大きな被害が発生しなかったのは不幸中の幸いと胸を撫で下ろすとともに、9年経った今でも不自由な生活を余儀なくされている3.11の被災地の方々に、一刻も早く「余白」や「余話」を楽しみ、「余情」や「余韻」にひたれる安寧な日々が、再び訪れることを祈ってやみません。





◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

「炒(チャア)」の極意


かって日本では、「男子厨房に入るべからず」などと言われていましたが、今そのようなことを口にすれば、すぐに「男女共同参画」などという言葉が当たり前のように返って来る時代となりました。男女がよきパートナーとしてお互いに尊重しあい、性別にかかわらず、様々な生活の場面で一人ひとりの個性や能力を十分に発揮できる社会の実現が叫ばれて久しいです。

私の家内などは「あたしゃ、おさんどんか!?」などと、しばしば口説くところをみれば、わが家では依然として共同参画はなされていないということになるのでしょうか。

そこで「男子厨房に入るべし」と、台所に立つこともあるのです。まあ、そんなときはだいたい女房殿が留守のときですが・・・。(苦笑!

冷蔵庫の中を覗いてみる。え~と、豚のバラ肉があるな。おっ、モヤシもある。あとキャベツとネギか・・・ということで、これらの具材を適当に刻んで、フライパンで炒めるというのがきわめて順当な選択ということになるのです。豚肉の野菜炒めですな。(笑!


ところで本場の中国料理の特徴は、油で炒める「炒(チャア)」にありますね。

野菜炒めこそ「炒(チャア)」という調理法がぴったりの料理だと思いませんか。日本料理には湯通しという調理法こそありますが、油通しということはあまり聞きません。それは煮る、炊くという調理法が主で炒めるという調理法には馴染みがなかったからかもしれません。同じ野菜を使ったとしても、日本料理なら土鍋でしんなりと煮て、味噌で味をととのえるということになるのでしょう。。

仏教しかり、漢字しかり、律令制度しかり。歴史をひも解くまでもなく、古来より日本人は大陸の文化を積極的に取り入れて来たはずなのに、どうして「炒(チャア)」という料理法は取り入れようとしなかったのだろう。

中国料理が今日のように広く普及したのは、戦後になってからのこと。わずか70年足らずですから、そうすれば日本人は2000年の長きにわたって、中国料理の代表とも言える「野菜炒め」を食べそこねてきたと言えるかも知れませんね。

そんな取り止めのないことを思い浮かべながら、フライパンを振っていたからでしょうか。レンジの回りはこぼれた野菜で油まみれ。う~む、「炒(チャア)」の極意を極めるのは、なかなかに難しいようです。(笑!

・・・さて、どうしたものか。女房殿がご帰還あそばす前に、証拠隠滅をはからねば。(涙!







◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村