fc2ブログ

170年後のことを憂う・・・。


来年のことを話すと鬼が笑うといいますが、こちらは170年先のことを心配しているのですが、あながち笑ってばかりいられない気持ちになるのは、我われが住んでいるこの星の存在にかかわることだからでしょうか・・・?

ウエブトピックスより、2182年、地球に小惑星が衝突?

「R36」と呼ばれるこの小惑星、もし地球に衝突するようなことがあると、「地球の文明が壊滅することはないが、それでもかなりの“パンチ力”を秘めている」、「その衝撃は最大級の核爆弾数百個に匹敵し、衝撃で直径約10キロのクレーターが生まれるだろう」とのことです。

最大級の核爆弾が数百個も炸裂したら、たとえ地球が太陽の周りを回り続けていられても、間違いなく地球の文明は破壊されると思いますが、如何?

私に言わせれば、170年も先の小惑星が衝突するか否かを心配するよりも、近い将来に人類が自ら作った核兵器を使用してしまうことにより、先々小惑星の衝突など心配する必要もなくなってしまうことをまず心配するべきじゃないかと思うのです。


それにしても170年先といえば、ヒトが30歳で子供をもうけるとしたなら、ただいま現在2022年に生まれた赤ん坊から数えて5代先に生まれた子供が二十歳の成人を迎えようとするときになりますね。


私は祖父から祖父の父親、つまり曽祖父のことを話に聞いたことまではありますが、今から5代前の先祖のことになれば、皆目見当もつきません。

それでも江戸時代の終わりから明治の初めの大激動期を生きたご先祖様(ちょうど170年前)にしろ、まさしく核爆弾2発を投下され、生き地獄を味わった昭和のご先祖様にしろ、170年先の子孫の繁栄を祈り続けたからこそ、今日の我われがあるのではないでしょうか。

170年後賢明な我われの子孫が、見事「R36」を回避していることを祈ります。





◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル




「布橋灌頂会 (ぬのばしかんじょうえ)」


夏山のシーズン真っ盛り。近頃は「山ガール」などという言葉に代表されるように、女性が仲間と連れ立って気軽に山に登る時代です。

日本では古来より「霊山」という言葉(実際に霊山という名の山もある)があるように、険しい山には神が宿っていて不浄にまみれた人間が近づけば、たちまち天罰が下ると信じられて来た。

男女同権、女性の社会参画が叫ばれる現代にそのようなことを言えば女性蔑視・女性差別という鋭い声が飛んできますが、ほんのついこの間まで霊山に不浄と考えられてきた女性が登るなどというようなことは、許されることではなかった。


我が郷土富山県は名前のごとく山に富んだ県。とりわけ立山連峰を知らぬ人はこの国にいないと言っても過言ではないでしょう。

また当地は浄土真宗が篤く信奉されている地域でもあり、立山は浄土山としても崇められてきました。立山に登った人ならご存知でしょう。立山山麓に地獄谷や弥陀ヶ原など呼ばれる地名が実在するのは、その何よりの証と言えます。

その昔男性は責め苦に見立てた厳しい登山を行って死後の往生を願い、霊峰立山を目指したといいます。では女性はどうしたか。霊山立山に登ることが許されぬ女性は、極楽往生を望めなかったのでしょうか?

いや、そんなことはなかった。たとえ立山に登れなくても女性も極楽往生が望めたのです。

立山はご存知でも、その麓の立山町芦峅寺(あしくらじ)地区で3年に一度行われる奇祭、「布橋灌頂会 (ぬのばしかんじょうえ)」をご存知の方は少ないのではないか?


ウエブトピックスより
時を超え女性を癒やす奇祭「布橋灌頂会 」5年ぶり開催

あの世とこの世の境界とされた朱色の布橋を、目隠しをした白装束姿の女性が渡る。布橋灌頂会とは、その昔信仰の山「立山」への登拝が許されなかった女性たちが、白装束姿で白い布が敷かれた橋を渡る極楽往生を願う儀式。

同時に配信されている写真を見ると、いかにも荘厳な雰囲気が伝わってきます。私も最後尾でかまいませんから、その列に加わらせてもらえたらと思うくらいです。(苦笑!

新型コロナウィルスの蔓延により、三度開催が危ぶまれたとのことですが、儀式を次代に継承したいとする地元の強い意向にょり、規模を大幅に縮小するも開催することが決定されたということです。


女人禁制の立山の麓で行われてきた女人救済の儀式、末永く伝承していきたいものです。





◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル

「山の日」に思う。


今日は国民の祝日、「山の日」。

「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」という趣旨のもとに、2014年に制定された祝日ですが、そこには何といっても1995年に制定された「海の日」(7月第3月曜日)の存在が大きかったのではないかと想像します。こちらの方は「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」ということになっています。

私なんぞはつい想像をさらに豊かに膨らませてしまいます。海の恩恵や山の恩恵に感謝するばかりでなく、川の恩恵にも深く感謝するべきだろうと。

6月は祝日のない月だから、6月の第3月曜日を「川の日」としたらどうだろう。


もっとも、近年ではこの梅雨から夏の時期になると集中豪雨による河川の氾濫や山崩れなどの土砂災害が各地で発生し、多くの人命が失われるという事故が多発しています。

川はわれわれに豊かな恵みをもたらしてくれるのは間違いのないことですが、それは川をコントロールできていることが前提であることは言うまでないことです。さらにその前に我われは、山や海や川に代表される大きな自然に対して真摯に感謝しているのか考え直さなければならないかもしれませんね。ただ休日を増やせば済まされることではないようです。





◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル

かき氷


連日暑い日が続きます。日中できるだけ日の当たる場所への外出は控えましょう。こまめに水分の補給をしましょう。室内でもエアコンを使用し、室内温度を適切に保つよう心がけましょう。

今日ではお馴染みとなった感すらする熱中症対策ですね。

私は時の宰相がもはや戦後ではないと言い、この国が高度経済成長の坂をいっきに駆け上がろうとしていたころに小学校に通った世代ですが、あの頃は当然のことながらエアコンなんてなかったし、扇風機のある家庭ですら少なかった。どうやって夏の暑さをしのいでいたのだろうと、今思えば不思議なくらいです。

ランニングに半ズボン、麦わら帽子姿で、一日中戸外を駆け回っていましたね。当時確かに「熱射病」「日射病」という言葉はありましたが、「熱中症」などという言葉はなかったように思います。今はそれに「コロナ」ですからね。


ウエブで配信されている涼しげな画像を見つけました。夏の暑さを吹き飛ばす、2022年ビジュアル&新感覚かき氷ですって。

・・・確かにビジュアルですね。新感覚というのもわかります。


今は電気冷蔵庫のない家庭はないと言っても過言でありませんが、私らが子どもの頃には木製で、上部に氷を入れてその冷気で貯蔵品を冷すという冷蔵庫でした。

街には製氷屋さんが必ずあって、氷を籾殻の敷いてある木箱に入れて、それを自転車の荷台に積んで配達していたのを覚えています。(その氷屋さんは当時どうやって氷を作っていたのだろう・・・?)

その氷を小さなブロックに切って、手回しの機械で削ってかき氷にするのですが、子どもの力ではなかなか機械のハンドルが回せず、かき氷を食べる前にひと汗もふた汗もかかなければなりませんでしたね。

どぎついほどに真っ赤なシロップが、イチゴ。同じく緑がメロン、黄色がレモン。確かチクロとかいった合成甘味料と合成着色料で作られたシロップは、色は違っても同じ味だったと記憶しています。

まあ、こちらの方もビジュアルといえばビジュアルといえるかもしれませんね。まるで信号機みたい。(笑!


・・・そんな古き懐かしい昭和30年代を思い出させてくれた「ビジュアルで新感覚」のかき氷でした。




◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル

青いイガ栗


日本列島は北日本は激しい雨。東日本から西日本は猛暑。天気図を見ると、前線が東北地方の日本海側から北海道の南岸にかけて横断するように横たわっています。

思えば例年になく早く梅雨明け宣言が発せられた今年でしたが、私に言わせれば梅雨がようやく今になって晴れようとしているのではないかと主張したいくらいです。

当地北陸富山は、その前線の南側にありますから、温度計は今日も午前中の早い時間帯から30℃を越す暑さ。昨日は富山市の最高気温が37.1℃と、観測地点の中で一番高い気温だったとか。今日もこの調子では最高気温は35℃近くまで届きそうな勢いです。


そんな猛暑の中、昨日所用で出かけた先の駐車場と隣の家の塀際に落ちていました。何んと、これは栗ではありませんか。



見上げると塀際に大きな栗の木が一本。枝先にはまだ若い栗のイガが鈴なりになっている。それが風に揺られてこちらの駐車場側に落ちたのでしょう。イガの中を少々覗いてみたのですが、栗の実はまだ詰まっていませんでした。


はぜの葉が入日(いりひ)色に染まるのを見て「ちいさい秋みつけた」と歌ったのは、サトウハチローでしたね。

さて、どうしたものか・・・。実も入らぬ青いイガ栗に「ちいさい秋見つけた」と言うには、この猛暑が続く中あまりにも早すぎるような気もしますが。


自然はもうすでに次の季節の準備を進めているのですね。




◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル