鉄の意外な性質


ワイン通の方でなくとも、肉料理には赤ワイン、魚料理には白ワインと言われているのはご承知のことと思います。

私はワインを料理によって飲み分けるといったような高級フランス料理のテーブルについたことはありませんので、このようなこと経験したことはありませんが・・・。

ウエブトピックスより、
魚介の臭み感じぬワインを開発

魚介料理との組み合わせということであれば、白ワインのことを言っているのだろうか?

私の経験からするとワインとの組み合わせでそのような魚介の臭みを感じるというようなことはなかったように思いますが、ワイン通の方には、よくあることなのでしょうか。ワインの中の鉄分が悪さをするということですが、鉄分なら赤ワインの方が多く含んでいるような気もします。


魚介の臭みということであるなら、私が経験した中では、何んといっても「たらこスパゲッティ」と「牛乳」がダントツに一番です。皆さんにもご経験おありでしょうか?たらこソースが口に残っているところへ牛乳を飲むと、強烈な生臭さが鼻腔に抜けて、思わず息を止めてゴクンと飲み込むことになります。

そうすれば、これも牛乳の中に含まれる鉄分の仕業ということになるのでしょうか?

指先を傷つけたときなど、思わず指先を口に含むことありますよね。この時の生臭い血の臭いというか味、これも同様に赤血球に含まれる鉄分が影響しているのかもしれませんね。

人類を飛躍的に発展させた金属、鉄の持つ意外な性質について、大変興味深く記事を読んだことでした。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村

お坊さんか労働者か・・・?


この世に人ほど弱い存在はありませんから、人知を超えた絶対的な力にすがり信仰の道に救済を願ったとしても避難はできないでしょう。

その救いの手を差し伸べるはずの親鸞聖人を開祖とする浄土真宗大谷派の大本山で、僧侶に残業代が支払われていなかったというニュースに目を疑いました。

ウエブトピックスより、
東本願寺、残業代不払い=「時間外払わない」覚書-京都

問題となったのは、東本願寺の研修施設で働く男性僧侶2人に対する賃金の未払い。「時間外割増賃金は支給しない」との違法な文言を含む覚書を、労働者代表と交わしていたとも。


真宗大谷派の大本山にいったい何人の僧侶がいるのか知りませんが、その僧侶たちは労働者であるという厚生労働当局は判断しているようです。

人知を超えた絶対的な力に頼ろうとする信者が、まず頼るのがお坊さん。そのお坊さんが労働者ということであれば、信仰の救済力が急に萎えて来るように思えるのは、一人私だけでしょうか?



ちなみに私も浄土真宗大谷派の門徒に名を連ねる者の一人ですが、浄土真宗の門徒は、生前であれ死後であれ必ず得度をさずかり、仏の道に帰依することで極楽往生が許されると教えられています。

私はできることであれば生前の内に本山にお参りして、お剃刀の儀を済まし、最後の最後に暗夜に迷うことのないようにお導きを乞いたいと願うものです。

・・・得度式では、労働者ではなくお坊さんにお世話になりたいものだと思ったことです。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村

時代小説が好きPART140「辻番奮闘記 危急」


人気時代小説作家上田秀人の新シリーズ、主人公の活躍する舞台は、「辻番」でした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

危急 辻番奮闘記 [ 上田 秀人 ]
価格:691円(税込、送料無料) (2017/4/26時点)




辻番とは、江戸市中の辻々に設けられた番所。3代将軍家光の世になって勃発した島原の乱。不穏な気配は江戸にも漂い、江戸市中では辻切りが横行。江戸の治安回復のために、幕府が大名,旗本に命じて各々の江戸屋敷前に設置させたのが辻番。町方のものは自身番と呼ばれた。

時代劇の捕り物でよく耳にしますね。

「お~ぅ、ちょいと番屋まで来てもらおうか」と、十手をひけらかしながら言う岡っ引きのセリフ。

現代ならさしずめ「ちょっと交番までご同道願えませんか」とお巡りさんが言うようなものでしょうか。

世界に類をみない日本の治安の良さは、街にある交番が大きな役目を担っていると言われていますが、その源泉は江戸時代の初め(1629年)、辻番の設置まで遡ることができる。



・・・事件はその辻番で起きた。

肥前平戸藩松浦家の上屋敷でも辻番が設けられ、若き藩士・斎弦ノ丞(いつきげんのじょう)が辻番士に命じられる。その任務初日のこと、弦ノ丞は隣の肥前島原藩松倉家上屋敷前での侍同士の切り合いに遭遇する。

それは九州の国元で藩領を接する松倉藩と寺沢藩による島原の乱が原因の藩の生き残りを掛けた係争であることが判明するのであったが、藩内に阿蘭陀(オランダ)商館を持つ松浦藩にとっても他人ごとではなかった。

島原の原城に籠る20万人にも上るという切支丹は、松倉藩だけではなく九州各地の藩から集まったものに違いないからである。

さらに加えて、島原の乱鎮圧に向かった老中松平伊豆守信綱。途中立ち寄った平戸藩松浦家を視察した伊豆守によって、藩内の蔵に蓄えられている新式の鉄砲と山に積まれた千両箱の存在が知られてしまったという知らせが江戸の松浦藩邸へ届く。

にわかに勃発した領地改易の危機、松浦藩江戸家老滝川大膳が取った策は?若き松浦藩辻番士・斎弦ノ丞は、絶体絶命の藩の危機を救うことができるのだろうか?






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村


動物愛護団体の行き過ぎた主張


確かにチンパンジーはヒトに近い利口な動物に違いないとは思いますが、チンパンジーにも人権を認めるべきだとは到底思えません。

ウエブトピックスより
チンパンジーにも人権があるのか?米NY裁判所で“不当拘束”訴え

知性の高い動物には人間と同等の権利を認めるべきと主張する米国の市民団体「ノンヒューマン・ライツ・プロジェクト」。私に言わせれば彼らの知性こそ疑いたいです。

チンパンジーやゾウ、イルカやクジラは、他の動物から見れば知性が高く、仲間意識や、複雑な感情を有しているからと主張しているようです。たしかに他の動物から比べれば知性が高いと言えますが、しかしヒトに比べれば問題にならないほど劣っています。

百歩譲って彼らの言う知性が高く、仲間意識や、複雑な感情を有している動物に人権があるとしても、では彼らは動物の知性の高い低いの線引きをいかなる基準で引いているのだろう?牛や豚は知性が低いから、餌を食わせるだけ食わせて太らせて、殺して食べてもいいと言うのだろうか?

私は、ライオンの群れに襲われた1頭の野生のバファローを、群れの仲間たちが集団でやって来てライオンを蹴散らして助けたというドキュメンタリー番組を見たことがあります。バファローも仲間の置かれた状況を判断し行動する複雑な感情と知性があり、集団で行動したことから見ても仲間意識があることは明らかです。


人権とは読んで字のごとく人間としての権利のこと、ヒトが生きていくために動物を狩って食糧としても、檻に閉じ込めて餌を与えて飼ったあげく食べたとしても、人間が人間らしく生きるための権利を行使したのだという理屈になりましょう。それが牛であれ豚であれ、魚であれ、イルカやクジラであれ、後ろ指を指されることはないと思うのですが・・・。

インドにはあらゆるものの生命を奪ってはならないと言う厳しい戒律を守る宗教があると聞きます。信者は蚊に指されても払うことさえ許されず、道を歩くときには虫を踏み潰すことがないか気を配って歩くと言います。

「ノンヒューマン・ライツ・プロジェクト」がこのような宗教の信奉者だというのであれば、なるほどごもっとも。立派な主張をされている団体だと何度でも頭を下げましょう。でも彼らの中にはビーフステーキを好んで食べる者が多くいるんでしょ?そんな連中がどうして鯨の竜田揚げを食べようという民族を野蛮だと言えるのか!?


チンパンジーはチンパンジー、愛くるしい動きはするし、知性はあるにしてもヒトと同列に扱おうという彼らの思考回路がどうしてもワカリマセン!





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村


三日月と宵の明星


4月も残すところ1週間、日もずいぶん長くなりました。今朝4時35分に撮った東の空の様子。携帯のカメラ機能を夜景モードにして撮りました。



まるで影絵のように映し出された北アルプス立山連峰の稜線、手前の用水路の延長線上に三角に飛び出たシルエットの山がアルピニストの憧れ、北アルプスの秀峰剣岳。その上には細い三日月。さらにその上に白く写っているのは宵の明星でしょう。


今日の新聞の暦欄によれば、なぜか「明日4月25日(火)の暦」とあって、

日出  4:56 日入 18:22
月出  4:13 月入 16:51 
月齢  28.0

と書かれていました。月齢って確か新月から何日経過したかを現わした数字でしたね。「28」ということは一回りして次の新月になる直前ということでしょう。

写真に写ったものは、まるで半月の様に見えるけれど、それは撮影者の未熟のなせる技。手振れの影響です。(苦笑!

実際は糸の様に細い上限の月でした。


それにしても、月出が 4時13分で、日出が4時56分ということは、この時期の月は、追いかけるようにして昇って来る太陽が姿を現わすまでの明け方40分程度だけ、私たちにその細身の姿を東の空に見せてくれるということになりますね。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村